ウェディングケーキの秘密

ウェディングケーキの始まりを調べると、古代ギリシャ時代までさかのぼります。当時のケーキはスパイシーケーキと呼ばれる香辛料入りのケーキだったそうです。

現在ケーキに使用されているベリーやブドウといった木の実は豊穣や繁栄を意味していて、当時のウェディングケーキにも使用されていました。ウェディングケーキの材料には一つ一つ意味が込められています。 その後、ゲストが持ち寄っていたのを、それに糖衣をかけて、ひとつの大きなケーキにすることを思いついき、これが、シュガーケーキの始まりと言われています。

17世紀以降ののヨーロッパでは、結婚する結婚する人たちにゆかりのある人、親族などが材料を持ち寄ってケーキを焼いていたそうです。 当時は砂糖が大変貴重とされていた時代でした。ウェディングケーキは、新郎や新婦だけではなく、周りの人にも幸せのシンボルとして大切にされていた物なのでしょう。